新潟ジュニアベースボールクラブ公式ブログとして生まれ変わりました(^^)/                         宜しくお願いします!
合計の閲覧数
アクセスカウンター

PR:ワンデー通販プリモ
■バナー広告募集  新潟の野球キッズを応援して、当会の活動に賛同いただける協賛様はこちらまでご連絡ください ※2013年のページアクセス数は519,895アクセスです
クラス 対象学年
TW-CLASS  56年生・台湾遠征選手
FM-CLASS  16年生・学童女子
RL-CLASS  56年生
JR-CLASS  45年生
JJ-CLASS  24年生
JF-CLASS  14年生・学童女子

2016大会・行事予定
<TW-CLASS>
10月  寒河江市選抜大会・山形
11月  6すだ〜ずカップ・柏崎
12月  諸羅山盃國際棒球大会・台湾
<FM-CLASS>
8月  NPBガールズトーナメント・埼玉
11月  学童女子スカイドーム大会・秋田
<RL-CLASS>
5月  選抜選手選考会・県内
6月  古葉竹識旗大会・宮城
7月  全国ブロック大会・東京
7月  少年軟式野球世界大会・東京
<JR-CLASS>
10月  秋季東日本大会・東京
<JJ-CLASS>
年間  ルーキーズカップ・県内
10月  秋季東日本低学年大会・埼玉
<JF-CLASS>
年間  ルーキーズカップ・県内
5月  春季IBA-CUP.JJ・県内
6月  春季東日本低学年大会・東京
10月  秋季IBA-CUP.JJ・県内
※色枠は国際交流

■サイトマップ

Sitemap今月

Sitemap先月


■お問い合わせ

問い合わせ

←old | main | new→
オーストラリア遠征の感想
オーストラリア親善交流遠征(01/05〜11・アデレード・シドニー)に
参加していた2選手から、 感想文をいただきましたので掲載致します



親善試合の様子や、ホームステイ先の楽しい様子が伝わってきます!
次はどの選手が海外にチャレンジするのかな

IBA-boysでは本部を通して各国への遠征を行っています。
3月末にオーストラリア・メルボルン国際大会への遠征が控
えており、
どなたでも参加出来ます。

お問い合せは

info@iba-niigata.com まで


☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

オーストラリア遠征に参加して
分田イーグルス 6年 荒木大将


僕はオーストラリアに行って、いろいろな経験が出来ました。
いろいろな県の人と一緒に野球ができてよかった。

そして、試合ではホームランを打つことができてうれしかった。

オーストラリアで驚いたことがあります。

虫が大きくてビックリしました。
お風呂場にタランチュウみたいな大きなクモいて怖かったです。

僕はこれからもずーと野球を続けていきますが、
オーストラリアでの経験を活かしていきたいと思います。


☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

オーストラリア遠征に参加して
分田イーグルス 6年 江口航希

 

ぼくは、14日の昼に新幹線で新潟を出ました。
成田空港に着いたとき、成田空港の大きさにはとてもびっくりしました。

飛行機の中では、知らないメンバーとも仲良くなれました。
しゃべりすぎて注意されたのを覚えています。

飛行機で910時間ぐらい乗って、
15日、やっとパース空港に着きました。

空港の外に出た時の暑さにはとてもおどろきました。
新潟というか日本とは真逆の気温で半そで、
短パンがちょうどよいくらいでした。

その空港からバスに乗って別の空港に向かい、
その空港からアデレードへと向かいました。
パースからアデレードへは2時間ぐらいで行けました。

アデレードに着いたときは、
「やっと着いた。」

という思いでいっぱいでした。

アデレード空港にホームステイをさせてもらう
家の方々が迎えてくれました。
怖そうな予感もしましたが、みんないい人でした。

ホームステイ先は、背番号4番で山梨県の
野球チームの平井練君と一緒でした。

ホームステイ先の家は、とてもお金持ちでプールと大きい庭がありました。
そこの家の子どもは2人いて、12才と10歳の兄弟でした。
お兄さんが野球をしています。

1
5日の午後は、庭で、ぼくと平井君とカイラブ君(お兄さん)で
キャッチボールをしました。
コディ君(弟さん)は、キャッチボールを見ていました。
カイラブ君の投げるボールの速さにはおどろきでした。

「野球を少ししかやっていないと聞いたけど、
すごいな。平井君も上手だな。」
と思いました。

キャッチボールが終わって少ししたら夕食でした。
この日はフライドチキンとフライドポテトでした。

オーストラリアの食べ物はどうかなと心配していましたが、
とてもおいしかったです。

この後シャワーを浴びてベッドでねました。
でも、暑くてよくねむれませんでした。


6
日は、オーストラリア初試合、初プールでした。
試合では、レフトを守りました。この試合でみんなの様子を見て、

「みんなとても上手だな。」と思いました。

ホームステイ先のプールでぼくと平井君は楽しい時間を過ごしました。
この日の夕食は、バーべキューでした。
チキンとソーセージを食べました。

シャワーを浴びてねようとしたら、また暑くてねむれませんでした。
この日は眠れなくて朝の4時まで起きていました。

オーストラリアは、夜の8時くらいまで明るく、
まるで昼間のようでした。
ぼくたちが起きている間、暗くなることはなく、
多分夜の11時くらいに暗くなるのではないかと思いました。


1月8日。午前は試合をしました。
この日はホームランを打てて、とても嬉しかったです。
打球はライトオーバーでした。

「オーストラリアのピッチャーは球が速いなあ。」と思いました。

午後は「クリーランド自然保護区」という所へ行きました。
コアラ、カンガルー、ワラビー、蛇などが
自然状態のままで飼育されている所です。

とくにコアラがおっとりしていて、かわいかったです。
コアラを抱っこしたら、爪が大きくてびっくりしました。

夜は買い物をしました。
親や姉、おじいちゃんやおばあちゃん、
友だちなどにお土産を買いました。

この日の夜は、せんぷう機をつけてもらったので、
しっかり眠れました。

9日は、午前の試合の後に、木村君と堀川君の
ホームステイ先の家でゲームをしたり、プールに入ったりしました。

この時、
「ぼくたちのとまっている家の人たちだけじゃなくて、
みんな優しいなあ。」
と思いました。


10日は、午前の試合の後にお別れでした。
試合は、いいあたりはあったけれど、ヒットは出ませんでした。

その後、アデレード空港に向かいました。
空港についてみると、ぼくは財布のないことに気づきました。
さがしてもありませんでした。(新潟の家に帰って、
カバンをよくさがしたら、ちゃんとありました。)

そこで、なんとホームステイ先の人が、
10ドルをぼくにわたしてくれたのです。

「なんて優しいんだ。」と思いました。

ホームステイ先の方たちにお礼を言って、
お別れしてパース空港に向かいました。

日本に帰ってきたときは、寒いなあと思ったし、
日本の人の顔を見ると安心しました。


この6日間を考えると、いろんなことがありました。
自分の思っていることが伝わらなかったり、
あまりの暑さに眠れなかったり、
ヒットが打てなかった試合があったり。

でも、人の温もりを感じることができました。

いろんな動物を見ることができました。

ホームランを打てました。

仲間ができました。


精神的には強くなれたと思います。

今回の海外遠征に参加させてくれた方々への
感謝の気持ちを忘れず、この経験をこれからの野球や
生活に生かしていきたいと思っています。

そして、いつか英語が話せるようになったら、
アデレードのホームステイ先の人に会いに行き、
お礼を言いたいと思います。


☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

 

0
    category:お知らせ・連絡 | comment [0] | trackback [0] | |
    Comment