新潟ジュニアベースボールクラブ公式ブログとして生まれ変わりました(^^)/                         宜しくお願いします!
合計の閲覧数
アクセスカウンター

PR:ワンデー通販プリモ
■バナー広告募集  新潟の野球キッズを応援して、当会の活動に賛同いただける協賛様はこちらまでご連絡ください ※2013年のページアクセス数は519,895アクセスです
クラス 対象学年
TW-CLASS  56年生・台湾遠征選手
FM-CLASS  16年生・学童女子
RL-CLASS  56年生
JR-CLASS  45年生
JJ-CLASS  24年生
JF-CLASS  14年生・学童女子

2016大会・行事予定
<TW-CLASS>
10月  寒河江市選抜大会・山形
11月  6すだ〜ずカップ・柏崎
12月  諸羅山盃國際棒球大会・台湾
<FM-CLASS>
8月  NPBガールズトーナメント・埼玉
11月  学童女子スカイドーム大会・秋田
<RL-CLASS>
5月  選抜選手選考会・県内
6月  古葉竹識旗大会・宮城
7月  全国ブロック大会・東京
7月  少年軟式野球世界大会・東京
<JR-CLASS>
10月  秋季東日本大会・東京
<JJ-CLASS>
年間  ルーキーズカップ・県内
10月  秋季東日本低学年大会・埼玉
<JF-CLASS>
年間  ルーキーズカップ・県内
5月  春季IBA-CUP.JJ・県内
6月  春季東日本低学年大会・東京
10月  秋季IBA-CUP.JJ・県内
※色枠は国際交流

■サイトマップ

Sitemap今月

Sitemap先月


■お問い合わせ

問い合わせ

←old | main | new→
BASEBALL SA(南オーストラリア)のホームページより

『オーストラリア・アデレード選手団招待・親善交流試合』
に参加した、アデレード選手団の団長、Paul Chandlerさんが、
帰国後、自身が代表をつとめる、BASEBALLSA
のホームページに
感想を載せています!


交流試合に参加してくださった通訳さんが、翻訳してくださいました。
ありがとうございます!




飛行機、列車、自動販売機、日本の野球・・・

報告者:ポール・チャンドラー

 

こんにちは。

サウスオーストラリアのジュニア野球チームは、
日本への二度目の遠征から帰ってきました。

日本では、12人の選手達が最高のおもてなしを受けました。

812日、16時間のフライトの後成田空港に到着後、
一団は東京駅を経由し、新幹線で新潟へ移動しました。

新潟は海沿いの都市で、東京の北、新幹線で約90分の距離にあります。

選手達は日本の家庭にホームステイし、一生続く友好関係が築かれました。

その後3日間にわたって、我々のチームは
日本の地元(新潟)チームと4試合を行ないました。

2日目は雨天のため予定が変更され、
日本チームとの対抗戦の代わりに日豪混合チームでの試合が行われました。
我々は、日本チームがいかに野球の試合に真摯に取り組んでいるかを
実際に見て、驚かされました。

試合前、試合中、試合後全て−何かが我々に伝わりました。
選手達には是非この姿勢をアデレードに持ち帰って欲しいものです。

選手(とコーチ達)は、完成後わずか12ヶ月の、
観客席数31,000の新しい野球専用スタジアムで
プレイする幸運に恵まれました。

試合の合間の一日を観光に使い、築620年の歴史ある城を訪れました。
日本のホストファミリー達と手を振ってサヨナラを言い
(全ての人が悲しみに涙を流し)、
東京に戻った一団は日本のプロ野球を東京ドームで観戦し、
東京ディズニーランドで一日を過ごし、アデレードに帰国しました。


この「一生もの」の経験は2012年にも行われるので、
楽しみにしていて下さい。

サヨナラ。

 

P.S. 日本の真実−日本には600万以上の自動販売機がありますが・・
なんと、わが子供達はそのうち570万を見てきたのです!

 
0
    category:お知らせ・連絡 | comment [0] | trackback [0] | |
    Comment